日本認知症予防学会誌(ISSN 2187-3798) Vol.6 No.1,2017 において、当院のリハビリテーション部、作業療法士の吉田一平の論文が掲載されました。

【論文】
通所系サービスにおけるフロー理論を基にした認知機能向上プログラムの効果
-複数難易度の認知課題プリントと山口符号テストを組み合わせたプログラムを用いて-
通所サービスにて認知機能向上プログラム(プリント集)を楽しく続けられるよう工夫した内容とその効果について報告しています。
興味のある方は是非ご覧ください。

日本認知症予防学会

詳しくはこちら