地域と患者さんと職員の幸せを支えられる医療機関を目指して。

診療科のご案内

神経内科

主な診療内容

■ 神経内科について

「動きにくさ」や「力の入りにくさ」、「もの忘れ」、「しびれ・ふるえ」といった、脳・神経・筋肉に原因のある病気に対する診断・治療を主に行っています。

実際の病気としては
・パーキンソン病およびその関連疾患
・脳卒中
・認知症(アルツハイマー病など)

■ 他にも幅広く対応

神経難病・遺伝性疾患から多くの方を悩ませる病気まで幅広く対象としております。

・片頭痛
・てんかん
・末梢神経障害
・筋疾患

■ 地域における神経内科医療の窓口として

患者さんの生活の質を重視した医療を提供するとともに、必要に応じて福井大学神経内科と連携し、高度な専門的診療・治療も同時に提供できることを目指しています。

■ 物忘れ外来

平成28年12月より物忘れ外来を開設いたしました。

受診をお勧めする方
  • ご自分の「物忘れ」に悩んでおられる方
  • ご家族が認知障害(物忘れだけでなく、急に興奮したり、逆にやる気が失せてしまったり、注意力、理解力が減退する状態)でないかとご心配されている方

また、認知症と診断されていても、日常生活で支障をきたし、ご家族がお困りの方はより良い対応をともに考える場とします。

受診方法

完全予約制
月曜日 13:00~16:30(佐々木医師)
水曜日 13:00~16:30(土田医師)

  • 受診を希望される方は春江病院受付にご連絡ください。
  • なお、他の医療機関を受診されている方は紹介状か、お薬手帳を持参してください。
  • また、大変参考となりますので、いつもの様子をご存じの方と受診されることをお勧めします。

医師紹介

井川 正道[非常勤]

所属:福井大学医学部附属病院 神経内科 助教 遺伝診療部
専門: 神経内科一般・臨床遺伝学
資格: 日本内科学会 総合内科専門医
日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医

佐々木 宏仁[非常勤]

所属:福井大学医学部附属病院 神経内科
専門:神経内科学 物忘れ外来

休診・代診のご案内

医師名休診日休診理由代診
診療科一覧
ページのTOPへ戻る

文字サイズ