地域と患者さんと職員の幸せを支えられる医療機関を目指して。

リハビリテーション

回復期リハビリ
テーション病棟
RECOVERY

回復期リハビリテーション病棟では、脳卒中や大腿骨頸部骨折などの患者さんを対象に、急性期治療後、充分なリハビリを提供し、患者さんの在宅復帰を支援することを目指します。

発症からの期間 : 2か月以内

入院可能期間 : 150日以内

脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、 脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症など

入院可能期間 : 180日以内

高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄 損傷および頭部 外傷を含む多部位外傷

入院可能期間 : 90日以内

大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折、または 二肢以上の多発 骨折の発症もしくは手術後

入院可能期間 : 90日以内

外科手術又は肺炎等の治療時の安静による廃用症候群

発症からの期間 : 1か月以内

入院可能期間 : 60日以内

大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経、筋または靭帯損傷後

病床数 : 38床
施設基準等 : 回復期リハビリテーション入院料(II)
脳血管疾患等リハビリテーション料(II)
運動器リハビリテーション料(I)
呼吸器リハビリテーション料(I)
  • 専門性を生かしたチーム医療

    在宅復帰をスムーズに行うために、主治医、看護師、リハビリスタッフ、薬剤師、管理栄養士、メディカルソーシャルワーカー等が協力して、効率的かつ積極的に患者さんのリハビリや在宅支援(相談・準備等)を行っていきます。

  • 活動・参加を促す支援

    退院後の生活を入棟初期から把握し、リハビリテーションや在宅復帰支援に活かします。また、階段、坂道、砂利道等の応用歩行練習や、花の水やり・畑作業の練習にて退院後の活動・参加の維持・拡大を図ります。

診療科一覧
ページのTOPへ戻る

文字サイズ