地域と患者さんと職員の幸せを支えられる医療機関を目指して。

リハビリテーション

リハビリ
テーション
REHABILITATION

理学療法部門

病気やけがによって、運動機能や心肺機能が低下し、日常生活に支障をきたしている方に対し、関節可動域運動や筋力増強運動など、個々の状態に応じた治療プログラムを立て、主に立つ・歩くといった基本的な動作能力の回復を促します。

スポーツ傷害に対しては、スポーツドクターと連携し、各競技特有の障害・外傷の原因となった動作の評価を基に、トレーニングメニューを作成し、競技復帰をサポートしていきます。また、足部のトラブルに関して靴のフィッティングやインソール(足底挿板)作成を行い痛みやバランスの改善に取り組んでいます。

病院の敷地内には、屋外の不整地を想定した石畳や砂利、コンクリート階段などを設置した「そとリハ」スペースがあります。実生活に即したリハビリを実施でき、屋外に出ることで気分転換を図りながら、住宅復帰へ向け心身共に総合的な支援をさせて頂きます。

  • 運動療法
  • スポーツリハ
保有資格
  • 呼吸療法認定士 2名
  • 福井糖尿病療養指導担当者
  • 専門理学療法士(運動器) 2名
  • (NPU)オーソティックソサエティー認定フットケアトレーナー 1名
  • 福祉住環境コーディネーター 2級 4名
  • 中級障害者スポーツ指導員 3名
  • 日本障害者フライングディスク連盟公認指導者(二種) 1名

作業療法部門

作業療法では、食事やトイレ、家事などの生活行為の獲得や仕事・余暇活動・社会活動への復帰に向けた支援を、急性期病棟から地域包括ケア病床、回復期リハビリテーション病棟にて切れ目なく行っております。

特に生活行為向上マネジメントやリハビリテーション心理学を応用した新しいリハビリプログラム(ACS-OT)の実施など、一人ひとりに応じた作業療法を提供します。また、手外科医師と連携した専門的なハンドセラピィを実施し、生活や仕事に役立つ、"使える手"の再獲得を目指し、さまざまなアプローチを行います。

  • ハンドセラピィ
  • ADL練習(調理作業)
保有資格
  • 認定作業療法士 2名
  • 認定ハンドセラピスト 1名
  • 専門作業療法士(手外科) 1名
  • 修士(作業療法学) 1名
  • 生活行為向上マネジメント基礎研究修了者 2名
  • 生活行為向上マネジメント実施研究修了者 1名

言語聴覚療法部門

コミュニケーションにお悩みを抱えた方に対し、訓練や助言・指導を通し、「人」とのつながりを楽しんでもらえることを目指したリハビリの提供をさせて頂きます。

飲み込みの問題を抱える方には、機器を用い多面的な状態評価や訓練を行い、機能改善を図ります。また歯科医や看護師と協働し、「食べれる口作り」に積極的に取り組んでいます。住み慣れた地域で、最後まで「食」とのつながりがもてるよう総合的な口腔機能支援をさせていただきます。

  • 失語症訓練
  • 嚥下訓練(直接訓練)
保有資格
  • 日本言語聴覚士会 専門プログラム終了 1名
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士 1名
  • Lee Silverman Voice Treatment (LSVT) LOUD Certification 1名

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟では、脳卒中や大腿骨頸部骨折などの患者さんを対象に、急性期治療後、充分なリハビリを提供し、患者さんの在宅復帰を支援することを目指します。

診療科一覧
ページのTOPへ戻る

文字サイズ