地域と患者さんと職員の幸せを支えられる医療機関を目指して。

春江病院について

ごあいさつ
MESSAGE

理事長のごあいさつ

春江病院は昭和21年に7床の春江医院としてスタートし、それから平成28年5月まで約70年の間、春江町江留下で診療を行ってまいりました。みなさんの歴史とともに歩んだ愛着のある土地でしたが、建物の老朽化に伴い平成28年6月に現在の針原に移転致しました。針原もまた田園が広がる穏やかな土地であり、素晴らしい新天地となりました。

移転に際して病院の理念は「地域にあって良かった 患者さんがかかって良かった 職員が働いて良かった」に表現を変えました。「地域」と「患者さん」が良かったと思う病院であることは開院当初よりの理念と変わるものではありませんが、最後に「職員」を追加したのは、働くひとの誇りや幸せなくして、利用される方が幸せを得ることは出来ないと思うからでした。

地域にある"だけ"の医療機関ではなく、いろんな局面で地域に使われ愛される開かれた医療機関でありますよう、これからも努力してまいりますので、ぜひともご意見をお聞かせ下さい。

医療法人博俊会春江病院
理事長

当院の目指すもの

わたしたちは以下の理念および基本方針の下
患者さんにより良い入院療養生活を送っていただけますよう努力いたします。

病院の理念
病院の理念病院の理念
基本方針
  1. 1.質の高い医療を提供し続けます。
  2. 2.最高のhospitality mind を持つ医療人を目指し、育てます。
  3. 3.安定した医療提供のための、安定した病院経営を目指します。
  4. 4.地域との連携を強化し、救急医療と社会復帰の支援を行います。
  5. 5.予防医学サービスを充実し、皆さんの健康をサポートします。

キャラクター紹介

  • 春江病院のイメージキャラクターが誕生しました。
    Harue(春江)、Hospital(病院)だけでなく、当院が大切にしているHealth(健康)、
    Hospitality(おもてなし)、Happy(幸せ)、Human(人間)の
    頭文字「H」がモチーフになっています。

診療科一覧
ページのTOPへ戻る

文字サイズ